我生会の由来

我生とは、我れ生れる。私は只今、生れました。いわゆる初心ということです。

初心の間は、何もかも知らぬため、上手にものを作ろうという考えもなく、上手に作って人々にほめられたいという考えもなく、無心のうちに出来る作品こそ、自分のもっている技術を生かした最高の作品ができるものです。

「初心に還る」この言を忘れないため、『我生会』と命名しました。

我一生道無心修意 「我、一生道をあやまらず、無心の修行を意る」

「ねぶた芸術を志す者は、道をあやまらず、無心に基礎知識を学び、自分の作品である ねぶた芸術の真理を追求し、ねぶた作りの奥技に到達せんがため、我一生道無心修意の精神を忘れず努力しよう」ということです。

もちろん、「ねぶたを作るだけでなく、弟子を育てるのも、ねぶた師の役割であり、形を作るのではなくて心を作るのだ」という教えに、日々の努力を惜しまない。

 

 昭和40年(1965年)結成                                       鹿内 一生 

  • Twitter Classic
  • Facebook Classic
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now